アレルギーイメージ

アレルゲンの検査方法

アレルゲンを特定し遠ざけることが出来れば、アレルギー症状を抑えることができます。
その為にはまず皮膚テストや血液検査を行い、アレルゲンを探します。

○皮膚テスト
・パッチテスト
 アレルゲンと思われるものを皮膚につけてシールで密封し、48時間後に判定します。
・プリックテスト
 アレルゲンを含んだエキスを皮膚に1敵たらし、特殊な針で皮膚の表面を軽くこすってなじませ、15分後の反応を見ます。
・皮内テスト
 アレルゲンを含んだエキスを少量、皮膚のすぐ下に注射して、15分後の反応を見ます。
 感度はプリックテストの100倍以上といわれていますが、激しいアレルギー反応を起こす危険性もあるので、しっかりとした医療機関で受けることが大切です。

 アレルゲンをつけた部分の皮膚に浮腫が生じて盛り上がり、血管が拡張して赤くなると、アレルギー反応が起こったということになります。この反応の程度を見て、陽性かどうか判断します。

○血液検査
・ヒスタミン遊離試験
 ヒスタミンはアレルギーを起こす原因物質なので、採取した血液成分にアレルゲンを加え、放出されるヒスタミンの量を調べます。
・IgE抗体試験
 採取した血液中のIgE抗体の量を測定し、アレルギー体質であるかどうかのおおまかな判断をします。また、どんな物質に反応するのかを調べ、アレルゲンが何かを特定します。

アレルギーの増加

アレルギーの関連する病気としては、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、花粉症などいろいろありますが、いずれも患者数は増加し続けており、今では3人に1人はなんらかのアレルギーをかかえているといわれています。
アレルギー患者の増加の原因は、アレルギーの原因となる物質の増加や環境の変化などがあります。
現代病ともいわれるアレルギーですが増加の原因は、花粉症の原因となるスギが戦後に大量に植林され、成長し花粉を振りまいていること。住居は昔に比べるとかなり気密性が高くなり、ダニやカビが繁殖しやすくなったこと。食生活の欧米化、飽食によりエネルギーの取り過ぎによる影響、ストレスの増加、化学物質や大気汚染などがあげられます。
アレルギーの病気のもとは、アレルギーを起こしやすい体質にあるのですが、今では周囲の環境の変化により、体質そのものも環境の変化を受けています。環境の変化がアレルギーを増やしているのです。

アレルギーとは

私たちの身体には免疫と呼ばれる、異物を排除したり無毒化したりして防衛するバリア機能が備わっています。このバリア機能がうまく働かないと、アレルギーなどの症状が起こってしまいます。
皮膚や粘膜、または白血球が活躍する免疫というシステムは、通常は私たちの身体を守る為に体内への異物の侵入を防ぐバリアとなっていますが、このバリア機能が壊れていたり、過剰なために起こるのが、アレルギーの病気です。
身体にとって有害なウイルスや細菌は、皮膚や粘膜などのバリア機能によって、体内に侵入出来ないようになっています。もし、侵入しても免疫のシステムが働き身体を守ってくれます。しかし、バリア機能が不十分だと感染症になり、逆に過剰に働いてしまうと有害ではないものまで攻撃してしまいます。これがアレルギーの原因です。